ウーロン茶といえばダイエットのイメージが強いですがウーロン茶ポリフェノールは、美肌にも効果があるのです。
ウーロン茶は発酵を途中で止めた半発酵茶です。

この半発酵の過程で茶葉に含まれるカテキンが結合して重なり合ってできたポリフェノールがウーロン茶ポリフェノールで、単体のカテキンにはない独特の効果があります。

肌の細胞と細胞の間には不飽和脂肪酸が含まれ、それが酸化して過酸化脂質になることが肌老化の大きな一因といわれています。ウーロン茶ポリフェノールには活性酸素を除去して過酸化脂質生成を抑えるSOD酵素の働きを高める作用があるそうです。

そしてウーロン茶の経口摂取はアトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎にも効果があるとか。ウーロン茶ポリフェノールの抗炎症効果・抗アレルギー効果のためと考えられています。

また、緑茶などにも多く含まれるアミノ酸の一種で、α波を出現させリラックスした状態を作り出す効果があるテアニンも含まれており、筋肉の緊張がほぐれて血流が良くなって冷え症にも効果があると言われています。