少し前に炭酸美肌術が話題になりました。テレビで放映されて健康効果が注目されたとか。
炭酸はたんぱく質に吸着する性質があるそうで、古い角質や酸化した汚れなどを取り除いてくれるので、毛穴の汚れや老廃物を除去するのに最適なのだそうです。

さらに炭酸水は弱酸性で抗菌効果もあるので、刺激を与えず肌を清潔に保ってくれる効果もあるそうです。

炭酸水には血管を拡張する作用があります。血行が良くなると体のすみずみまで栄養や酸素を運んでくれますし、老廃物の排出もスムーズになり、新陳代謝も良くなってくすみも解消され、美肌効果が期待できます。

また、炭酸水は油と水に混ざりやすいという珍しい特徴があるそうで、水分と油分を含む肌への浸透性は抜群で、物質への透過性は酸素の25倍なので皮膚へも効率よく浸透できます。

この炭酸美肌術をすすめてらっしゃるのが日置先生という方なんですが、前住んでたところの近くでたまたま娘連れてってたクリニックの院長なのでした。そう言えば受付にサンプルとかもおいてあったなあー…と思い出してみたり…余談でした。

炭酸でコットンパック

コットンパックは化粧水を効果的に使い、いつものお手入れをワンランクアップさせる上で欠かせないスキンケアテクニックです。

今話題の炭酸美容を実践すべく炭酸でコットンパックする場合は、洗顔後の肌にたっぷりと炭酸を含ませて肌におきます。飲料用の炭酸水を利用する場合は5分程・炭酸の化粧水を使う場合は10分を目安にします。

余裕があればコットンの上にさらに「ラップ」を上からかけると炭酸ガスがさらによく肌に浸透します。

炭酸を使ったコットンパックは、コットンが肌に接触する面積が広くて接触する時間が長いとより効果があります。手のひらサイズで長方形のいつものコットンよりも水分を含ませるとシート状のマスクになるものを利用することも良い方法です。

ただし、長時間おきすぎるとコットンが乾燥し、肌に浸透させたうるおいが逆にコットンに奪われ、肌が乾燥するので気を付けましょう。

炭酸でコットンパックをすると血流がアップし、ふっくらと柔らかい肌環境に整えてくれるため、その後に続くスキンケアアイテムの浸透をより高めてくれるそうです。