玉ねぎのデトックス効果

体の中に毒素がたまると皮膚からも毒素を排出しようとして、肌あれやニキビの原因なります。ひどい場合には、アトピー性皮膚炎の原因となってしまうこともあり、デトックスは、美肌のためにはとても大切なのです。

毒素を排出するデトックス効果の高い食べ物もたくさんありますが、あらゆる料理の名脇役「玉ねぎ」もそんな食材のうちの1つです。

玉ねぎを切っていると目や鼻にツーンと感じる刺激臭は硫酸アリルという物質によるものです。そして硫酸アリルには高いデトックス効果があります。新陳代謝を良くするだけでなく、キレート効果といって毒素を挟んで体外に排出する効果があります。

硫酸アリルは水に溶け出しやすいので、玉ねぎを水にさらさずに調理したり、煮汁ごと食べるスープ・シチュー・味噌汁などで食べると余すことなくその恩恵を被ることができます。

他にも食物繊維やオリゴ糖など整腸効果のある成分も含まれており、玉ねぎを毎日食べるとお通じが良くなるそうです。脇役だけに使い勝手もよく、メインやサイドの何にでも合う食材ですので毎日活用できそうですね。

美肌のための玉ねぎ効果

玉ねぎの皮には、ケルセチンというポリフェノールの一種が多く含まれています。ケルセチンには毒素を挟んで体外に排出する、キレート効果があるだけでなく、コラーゲンの生成を促すビタミンCの吸収率を高める効果もあります。

更に皮膚のバリア機能を高める作用もあり、肌荒れや肌トラブルの防止にもつながります。また、ケルセチンは、体内の余分な脂肪を排出する効果がありますので、美肌だけでなくダイエットにも効果的です。

そのままでは食べにくい玉ねぎの皮ですが、スープや煮込み料理を作る時に出汁取りパックなどに入れて一緒に煮込めば、ケルセチンを摂る事ができます。

最近では、玉ねぎの皮茶や玉ねぎの皮の粉末なども市販されていますので利用するのもいいですね。

玉ねぎに含まれる硫酸アリルが沈静作用を促し、脳波をα波に変え眠りを誘う安眠効果もあるそうですので、美肌に大切な良い睡眠も得られそうです。スライスした玉ねぎを1枚だけ、もしくはポプリのように玉ねぎの皮を枕元に置いておくだけでも効果があるそうですので、これはおすすめです。