寒い時期はできるだけ代謝を上げることが美肌を維持するためにも重要になってきます。代謝を上げる食材もたくさんありますが、里芋もその中のひとつです。

さといもの主な成分はでんぷんとたんぱく質で、食物繊維・ビタミンB1・ビタミンB2・カリウムといった栄養素も含んでいます。ビタミンB1には糖質の代謝を助ける役割があり、ビタミンB2とカリウムには脂質の代謝を助ける役割があります。

また、さといものぬめりはガラクタンという栄養素によるものです。聞き慣れない名前ですが、ガラクタンには老化を防いでくれる働きがあります。また同じくぬめり成分であるマンナンは便秘を予防してくれる働きがあるので、便秘による肌荒れを防ぐにも効果があります。

さといもを選ぶなら、乾燥に弱いので泥がついている状態のものが良いです。丸々として硬く、重みのあるものがベターです。表面がひび割れているものは乾燥して古くなっています。そして低温や乾燥に弱いので冷蔵庫には入れないように気を付けましょう。旬の間に色々な料理で楽しんで美肌維持もしてみましょう。