夏の初めの短い間に旬を迎えるライチ。世界三大美女の一人である楊貴妃が愛した「美の果物」として有名なライチは、東洋医学で養血類(ようけつるい)という血を養う食品に分類され、同時に身体を潤わせる効果のあることで、血の不足によって起こる顔色の悪さや肌荒れ・目眩・不眠などに効果を発揮すると言われています。

また、ライチは夏の果物にしては珍しく身体を温める効果があります。冷えは美肌の大敵なので、美肌作りに一役かいそうなのも納得です。

科学的に見ると、ライチには美肌作りに欠かせない葉酸・ビタミンC・Bが豊富に含まれています。特に葉酸の含有量が高く、キウイの約3倍と言われており、カリウムも含まれているのでむくみの改善にも役立ちます。

他にもロイコシアニジン、・アントシアニンといったポリフェノールには、シミの原因となるシロチナーゼの働きを抑制する他、強い抗酸化作用があることが判っています。

最近では時折国産のライチも見かけますが、殆どが輸入品です。皮の色が鮮やでハリのあるものがよく、茶色いものは鮮度が落ちています。痛みやすいのでできるだけ早く食べることが望ましいですが、風味は落ちるものの冷凍保存も可能です。