植物プラセンタとは??

馬・豚・羊など色々なプラセンタがありますが、最近は植物性プラセンタと言われるものも見られるようになってきました。

そもそもプラセンタとは胎盤のことで、動物にはもちろん胎盤があるのでそれを使うことが出来ます。動物性プラセンタは免疫力アップ・美肌・しわ・しみ・美白などに効果的と言われ、注目されている成分です。

しかし植物にはもちろん胎盤はありません。植物プラセンタと表現されるのは、植物の子房の中で種に触れている部分のことを動物で言う胎盤と同じ働きをする場所だととらえ、そこから抽出している成分というところに由来しています。つまり動物性プラセンタとは全くの別物ということです。

植物プラセンタはアミノ酸・ビタミン類・ミネラル類が含まれているので美肌・美白・保湿効果が期待出来ると言われています。

動物性プラセンタだと残留ホルモンの問題や独特な匂い、病原体汚染、また動物愛護など様々な観点から問題提起もありますが、植物性プラセンタならその不安も無く使えるので今後化粧品などに使われることが増えるかもしれません。

植物プラセンタとその働き

植物性プラセンタにも色々な種類がありますが、大豆・メロン・バラ・ライ麦・トウモロコシ・アセロラなどから摂れた植物プラセンタは有用性が確認されており、食事やサプリメントや化粧品から摂取できます。

ただ、アレルギーには注意が必要ですので、自分のアレルゲンの物が入っている物は使用しないようよく確認してから使いましょう。

肌の潤いは、角質層にどれくらいの水分が含まれるかに大きく左右されますが、プラセンタに豊富に含まれるアミノ酸は、角質層の中にある天然の保湿因子として重要な働きをしており、乾燥によってできるしわを防ぐ効果があるといわれています。

また、加齢や紫外線、活性酸素の増加によって皮膚の真皮にある線維芽細胞が減少すると、しわやたるみができやすく、また消えにくくなります。

プラセンタは加齢などで減少する線維芽細胞を増殖させる因子を持っているため、細胞レベルで働きかけて肌の環境を整えるといわれています。しわやたるみ、毛穴の開きなどの肌トラブルを防ぎいでキメを整え、ニキビのできにくい美しい肌へ導く効果が期
期待できるのですね。

プラセンタとは

プラセンタとは、哺乳類の胎児を成長させるための胎盤のことで、アミノ酸・たんぱく質・糖質・ビタミン類・核酸・ペプチド・ムコ多糖類などの代謝や肌質の改善に必要とされる成分が豊富に含まれています。

中でも多く含まれているアミノ酸には、皮膚細胞の新陳代謝を高めて肌に潤いを与えたり、血液やホルモンを正常な状態に保つ働きがあります。

哺乳類の体内で精子と卵子が受精して受精卵となり、子宮に移動して着床することから胎盤の形成が始まります。その後、受精卵から柔らかい絨毛(じゅうもう)が伸び、子宮の内壁と結合します。この絨毛が成長して、胎児と子宮内壁との間にできるものが胎盤です。

未熟な胎児の生命活動を全て担い、栄養の補給から老廃物の除去まで一貫して胎児を守り育てるために必要とされます。

厚みがあり、へこんだ円盤型をしている胎盤は胎児を受け止めるクッションのような存在でもあり、未熟な胎児の細胞が正しく分裂を繰り返し、健康に育っていくために働きかける成長因子が含まれており、現代人の美容と健康に対して優れた効果を発揮するといわれています。

プラセンタの歴史

プラセンタの効果は古くから世界中で注目されており、特にアンチエイジングや肌を美しくする効果が認められています。

紀元前4世紀の西洋ではヒポクラテスによってプラセンタが治療に用いられ、古代エジプトのクレオパトラやフランスの宮廷マリーアントワネットも、若返りを目的にプラセンタを用いていたと伝えられています。

中国では漢方薬として親しまれ、秦の始皇帝が不老長寿の妙薬としてプラセンタを使用していたことが知られています。世界三大美女の楊貴妃も、若さと美貌を保つために使っていたといわれています。

日本でも江戸時代に、加賀藩の秘薬といわれた昆元丹(こげんたん)にプラセンタが処方され、民間薬として使われていたとの記録が残っています。

最近では医療分野から抗加齢(アンチエイジング)医学と呼ばれる分野が登場し、プラセンタには、衰え始めた身体機能を根本から立て直す働きがあるといわれ、若返りの効果が期待されています。注射や点滴でプラセンタを直接血液に取り入れる治療法であるため、非常に実感が早いといわれています。また、プラセンタが配合されたサプリメントやドリンクなどの健康食品も注目を浴び、多くの女性から人気を集めています。

動物由来のプラセンタの種類

プラセンタには、豚・馬・羊・ヒトなどの動物由来のものと、メロンなどの植物由来のものが存在します。

良くない環境で育てられた動物から抽出されるプラセンタには不純物が多く含まれ、アミノ酸や成長因子の含有量が不安定な場合があるといわれています。

その場合、細胞を活性化させるというプラセンタの重要な役割が大きく失われてしまうと考えられており、動物由来のプラセンタを使用する場合は、その動物が良い環境で育てられていたかどうかが重要であるとされています。

豚プラセンタは市販されているプラセンタの中で、最も多く使用されており、他由来のプラセンタに比べ比較的値段が手頃なものが多いことが特徴です。

馬プラセンタには、豚プラセンタには含まれていない6種類の必須アミノ酸が含有されています。馬は豚に比べて体温が高く、寄生虫がすみにくいことや狂牛病にかかることがないため、原材料として人気を高めています。

ヒトプラセンタは人間の胎盤から抽出されたエキスが使用されたプラセンタです。抽出する前にHIV(エイズ)・HBV(B型肝炎)・梅毒など血液検査が緻密に行われ、感染の危険のない安全な胎盤を使用するよう徹底管理がされています。日本では現在、医療用以外にヒトプラセンタを使用することは認められていません。

プラセンタエキスの落とし穴

プラセンタを含むサプリなどのパッケージに「プラセンタエキス○○mg配合」と表示されていのを見かけますが、実はプラセンタの成分量は「エキスがどのくらい入っているか」という表示になっていることが多いのです。

このエキスの濃度については現時点で基準が全くなく、濃度の濃いものも薄いものも「エキス」という言葉でまとめられてしまっているのです。

濃い薄いが目に見えるものなら良いのですが、サプリメントになったプラセンタエキスの濃度は見分けようがありません。一見プラセンタエキスが沢山入っているような表示の製品で製品を選ぶ基準としては全く役に立っていなかったのです。

こういった現状もあり、規格基準を作り、その基準を満たした製品に認定マークの表示を認めようという動きもありますが、プラセンタの量を比較する目安の1つとして、「原末量」があります。原末量というのは、フリーズドライなどで水分を完全に取り除いた状態での成分量、粉末の重さのことです。

原末量の表示は義務ではなく、規格基準を満たしていなくても製品の販売はできますが、製造・販売元の会社に電話で「原末で何mg入っているか」を聞いてみると、その対応が判断基準になりますね。