肌を温めて血管を拡張し血流を改善すれば、明るくなり透明感が出ると言われています。特に目元を温めると目の下クマはもちろん、顔全体のくすみが改善されるそうです。

血行が滞ると細胞に栄養が行き渡らず、皮膚本来の働きが悪くなり、ターンオーバーが不規則になります。皮膚の免疫力をあげて、紫外線や外部刺激からのダメージを改善するためにも肌を温める必要があります。

ホットタオルを目の上に5分ほど置くだけで顔全体の血流が良くなりますし、毎日の入浴も改善策になり、好みの温度で汗をかく程度に20分ほど入浴すれば良いそうです。

顔が温まったら毛穴が開き、角質細胞もふやけた状態になり美容液やクリームなどの有効成分を吸収して真皮層まで届きやすくなります。スキンケアは肌が温かいうちが鉄則ですね。

また、肌が温まっている時こそ肌の内部でコラーゲンやエラスチンが生成されやすくなり、しわやたるみ予防になります。顔が温かいうちに、小顔マッサージなどをするとリフトアップ効果も出やすくなるそうです。

もともと日本人はお風呂に入る風習があるので湯船につかるだけで、美肌を維持しやすいDNAを持っているそうです。普段の習慣を大切にして流行の温感美肌法を取り入れましょう。