ネバネバ野菜の代表格であるオクラですが、そのネバネバ効果はスタミナ料理や美容、健康食として夏野菜の王様と呼ばれるほどの人気野菜です。
オクラを1日に8本食べるだけで成人女性が1日で必要な食物繊維約17gが取れます。

特にオクラの食物繊維にはペクチンという成分が多く含まれ、腸内の善玉菌を増やして腸内の老廃物を体外に排出する役割をします。腸内環境が整うと体内の老廃物が減っていき、吹き出物対策となり美肌へと繋がります。

オクラなどのネバネバ成分はムチンというものなのですが、人の粘膜もムチンからできています。そのため、体に吸収されやすく、臓器の粘膜を強化して消化器系等を丈夫にし、加齢と共に乱れる皮膚構造も整えてくれます。また、角質層にあるヒアルロン酸量を増やしてくれるので保水力がアップして潤いのあるぷるぷる肌へ導いてくれます。

しかし食品から摂取できるムチンは調理で熱を与えると外へ流れ出してしまうので、加熱時間は短めに、茹でるなら汁ごと食べられる調理法で無駄なくムチンを摂取するのが理想的です。ネバネバ野菜を加熱するときは電子レンジや蒸し器を使うと良いのですね。