肩こりは血の流れやリンパを滞らせてしまう美肌の大敵ですが、入浴時にちょっとした工夫をすると改善されます。
慢性的な悩まされるのも辛いものですが、解消にはコリの部分を温めて血行を良くしたり、固まった筋肉をほぐすことが一番の特効薬ですの、お風呂での肩こりケアは効率がいいのですね。

入浴したらまず全身浴で肩までしっかり温めて血行を良くするために40度のお湯に15~20分ほどじっくり浸かります。もしくは38度の半身浴20分+シャワー3分という組み合わせでも、全身浴と同様に肩の筋肉が柔らかくなるそうです。

次に肩のストレッチをします。肩に力を入れてぐっと引き上げた後一気に脱力する動作を10回ほど行うと肩周りの緊張がほぐれます。肩をぐるぐる回すのも効果的です。

ほぐしたら、肩こりの解消の要となる僧帽筋をストレッチしましょう。お湯の中で、右腕を左腕で、左腕を右腕で伸ばし
ます。

また、熱いお湯に浸してギュッと絞った温タオルを首に乗せて温湿布にすることで首が温まり、全身も温まると同時に疲れも取れます。

小さな子どもがいるとなかなかゆっくりと入浴もできませんが肩こり解消を意識して入浴してみたいものです。