顔の大きさは見た目の美しさを左右するので、非常に気になるポイントです。実は小顔と美肌は密接に関係しているとのことので、小顔を目指せば美肌も同時に手に入れる事ができるのです。

顔が大きくなってしまう理由であり、特に気をつけるべきはむくみと骨の歪みです。むくみとは、体内に余計な水分を蓄えている状態のことです。前日の夜に大量の水分を摂取したり、慢性的な冷えが続いていたりすると、静脈やリンパの水分を排出する処理が追いつかなくなってしまい、老廃物として体内に滞ります。

むくみと歪みをケアすれば、余分な水分や老廃物が体のへと外に排出されるので、スッキリとした小顔を目指す事ができます。また、歪みを矯正してそれぞれの骨を元に戻すと周囲の筋肉がゆるむのでコリなどもなくなり、血流も良くなります。すると、栄養が細胞の隅々まで行き渡るので、内側から輝く美肌を手に入れる事に繋がるというわけです。

食べ物に気を付けて食生活を意識するだけでもよし、マッサージや入浴方に気を配ってみるのも良い方法です。

体の歪みと美肌

顔の土台である頭蓋骨は23個の細かい骨から構成されています。それらがパズルのように組み合わさっているので、少しの刺激や日常生活の癖で歪んでしまいます。また刺激を加えていなくても、体全体の骨格のズレによって顔の歪みが生じる事もあります。実は、太って脂肪がつく事以外に無意識にしている日常の動作が小顔を遠ざける大きな原因になるそうです。

ほおづえは顔の骨格にダイレクトに影響します。よく支えるアゴの骨がズレると左右がアンバランスになり顔全体が歪む結果になります。また手で触れているとニキビの原因にもなるそうです。

また、体の筋肉を動かさない状態が続くと、筋肉が低下し下垂します。肩回りや背中の筋肉が下がると顔の筋肉も下へと引っ張られるので、たるみなどの原因になります。また、筋肉が固まると血流が悪くなるので肌の不調を招く事もあります。

そしてついついやりがちな足組みは骨盤に歪みが生じるので、体全体の骨格がズレてしまいます。また、首が歪んでしまう事により頭が傾くので、血流が滞り、二重アゴなど顔が大きくなってしまう原因になります。また骨盤の歪みは女性ホルモンにも影響するので美肌を妨げてしまいます。

小顔と美肌を両方手に入れられるなら、日常生活の悪習慣も改善できそうですね。