美肌作りに効果に個人差はあるようですがあるお茶はたくさんありますが、その中のひとつにマテ茶があります。
ペットボトルの飲料としても売り出され、手軽に口にすることができるようになりました。

マテ茶は、アルゼンチン・ブラジル・パラグアイなどで生産されている飲み物で、モチノキ科の常緑樹ゼルバマテの葉や茎を乾燥し、粉砕して精製したものに熱湯をかけたものです。

マテ茶はポリフェノールの1種であるフラボノイドを緑茶より多く含み、カフェインが少ないのが特徴、しかも鉄分・カルシウム・亜鉛・マグネシウムなどのミネラルやビタミンA,C,B1,B2も豊富に含まれているので、南米では「飲むサラダ」や「100万人のローヤルゼリー」と呼ばれているそうです。

更に茶葉に含まれる苦味成分テオフィリンやカカオにも含まれるテオブロミンという血管を拡張する成分が入っているので、血流が良くなり、冷え性の解消や代謝アップにつながって美肌効果が期待できます。

ただし、カフェインが含まれるため、持病のためカフェインの摂取を禁止されている場合や妊娠・授乳中は飲用を控えなければ行けませんし、アルコールと併用して長期に渡って摂取すると、発ガンの危険性が3~7倍に高まるとも言われるので注意が必要です。