本サイト内で、背中であるとかワキであるとか部位ごとに、

  • 家庭用脱毛器で脱毛したらコストはどれくらいか?
  • エピレで脱毛したらコストはどれくらいか?
  • 銀座カラーで脱毛したらコストはどれくらいか?
  • 脱毛ラボで脱毛したらコストはどれくらいか?

などを噛み砕いて解説させていただいているわけですが、そこで一つ気になることが・・・それは脱毛ラボがやたらと安いということ。今回はその秘密に迫ってみます。

具体的に見ますと、背中の脱毛や、脚(足)の脱毛などは、比較してみると脱毛ラボが非常に1回あたりに換算した価格が安く際立っているのがわかります。

上述の部位は、脱毛する範囲が広いのでどこの脱毛サロンでも1回あたりの脱毛料金はだいたい高めな箇所であると言えます。

ですが、脱毛ラボの月額プランの場合は、全身22ヵ所まとめて月額いくら・・というプランなので、1回あたりの脱毛料金を平均して計算してみると結果的に安くなってしまうわけです。

また、来店1回で、複数個所を脱毛することができるということも安さの秘密の一つですね。

グランデアルシェ管理人マミ

来店1回で複数個所脱毛するということは、エステティシャンの側からしても、手間が随分と省くことができます
極端な話をすれば、1ヵ所にしたことと同じことを別の箇所に施せば良いだけですから。

そういうシステムであるがゆえ、2か月(4回の来店)で全身22ヵ所全てを1回ずつ脱毛することができるというわけです。

平均してみますと、1回の来店で5ヵ所強の脱毛をするということになります。これも全身脱毛であるからこそ可能なわけです。
同じ箇所を1回の来店で何度も脱毛するわけにはいきませんからね。

月額プランではない他の単発脱毛プランだと、1回の来店で1ヵ所しか脱毛しないなんてこともでてしまいますから、その準備等々手間を考えるとどうしても、月額制プランに比べて脱毛単価を高く設定しないと採算が合わないということになってしまうわけです。

ということで、全身を脱毛するのがOKというのであれば、脱毛ラボの月額プランは1回あたりの脱毛価格に換算すれば非常に得であるということになるわけです。

ま、デメリットとしては、全身脱毛じゃないと、1回来店における脱毛する箇所が多くなりませんので、単発プランだと同じように安くはならないというところですね。

単発プランでと考えるのならば、脱毛ラボよりも銀座カラーやエピレの方が基本的にほとんどの部位で安いですから、銀座カラーやエピレを考えた方が良いでしょうね。

☆関連ページ☆
マミイチオシの家庭用脱毛器ケノンのレビュー