ゴマのもつパワーは色々な効果をもたらすとしてさまざまな分野から注目を浴びています。
抗酸化とは身体が酸化してしまうことで起こる細胞の老化を防ぐことで、この抗酸化作用を持つ成分にも様々な種類がありますがポリフェノールやビタミンEが有名です。

中でも強い抗酸化作用を持つアントシアニン・・ビタミンE・美肌作りに欠かせないビタミンB群・カルシウムに鉄分までが含まれた食材が黒ゴマです。

黒ゴマ100gに含まれる成分は、食物繊維がこんにゃくの約6倍・ビタミンEがほうれん草の約10倍・カルシウムが牛乳の約11倍・鉄分がほうれん草の約10倍です。一度に食べる量を考えると100gって!!とも思いますが、少量でこれらをたくさん食べるのと同等の効果が得られると思えばとても効率が良いですね。

このほか、お肌の健康を維持する効果のあるビタミンB群・人間の体に欠かせない必須アミノ酸・強い抗酸化作用をもつアントシアニン・デトックス効果のあるフィチン酸など、黒ゴマは小さな実の中に多くの栄養素を含むスーパー美肌食材なのです。

黒ゴマの成分と食べ方

黒ゴマはたくさんの美肌に有効な成分を含んだ優れた美肌食材ですが、その理由の一つにアントシアニンとフィチン酸の両方を含む食材だということが挙げられます。

アントシアニンはポリフェノールの中でもあまり吸収率が良くない種類です。ですが明治製菓食総研の研究によれば、アントシアニンとフィチン酸を一緒に摂ることで吸収率が大幅にUPするそうです。その両方が含まれているので一石二鳥の頼もしい食材なのです。

黒ゴマに限らず、ゴマは小さい粒ですが、その一つ一つが固い殻に包まれています。そのまま食べても消化が良くなく、せっかくの成分を効率良くとることができませんので、必ず擦ったり捻ったりして殻を破った状態にして使いましょう。

また、黒ゴマに含まれるリノール酸やオレイン酸は空気に触れると酸化しやすいので、食べる直前に擦るか、密閉容器に入れて冷暗所で保存しましょう。

様々な美肌成分を含む黒ゴマですが、ビタミンCが含まれていません。黒ゴマだけでも十分美肌作りに貢献してくれますが、せっかくならビタミンCを多く含む野菜などの食材に黒ゴマを加えれば、更に美肌作りに役立ちます。