黒糖には身体を温める効果があるため、冷えとりに有効なのですが、肌荒れやニキビにも効果があるそうです。

黒糖は東洋医学では温裏類(おんりるい)といって、内臓を温め冷えを解消する食材に分類されています。特に体を温めて血液の循環を良くすることで、冷えが原因で起こる胃痛や下痢、生理痛に効果のある食材として扱われています。

黒糖の原料は上白糖と同じサトウキビですが、精製されていないためビタミン・ミネラルが多く、特に皮膚の保護に役立つビタミンB群や代謝を活発にしてターンオーバーを整えるのに欠かせないミネラルが豊富です。

さらにカルシウム量も100g中に240mgと牛乳200ccに匹敵し、黒糖に含まれるポリフェノールには黒色メラニンの生成を促すチ
ロシナーゼの働きを阻害する効果、肌の炎症を軽減する働き、さらに糖の吸収を妨げる効果があることもわかっています。

黒糖には色々な種類がありますが、沖縄県産の黒糖は外国産の黒糖に比べて約3倍のポリフェノールが含まれているそうですので是非選びたいですね。

黒糖焼酎の美肌効果

少し前の焼酎ブームで焼酎好きの女性も増えてきました。黒糖焼酎はまろやかで口当たりも良いものが多いので女性には特に人気があると聞きます。黒糖が入っていると糖分が高そうに思えますが、実際は糖質がゼロな上に米麹で天然発酵された美肌効果も抜群なお酒です。

黒糖焼酎は黒糖を用いるので本来の酒税法ではリキュール類に属されるのにですが、奄美大島で醸造される米麹を使う黒糖焼酎は焼酎として認可されています。

黒糖の甘味がそのまま活かされているのに糖質がゼロで血糖値が上がりにくい、低GIで太りやすく肌荒れの元となるプリン体の量も極めて少ないので女性に嬉しい焼酎です。

黒糖に含まれるビタミンB1やアミノ酸のナイアシンという成分が糖の代謝をスピーディーに行うので、疲労回復効果を期待できます。また、米麹で醸造される黒糖焼酎は発酵過程で糖質が蒸留されるので、糖質がゼロになるそうで、黒糖焼酎として蒸留されると、保湿・肌のキメを整える・美白効果・シミ抑制・抗酸化作用などの美肌効果が期待できると言われています。