最近では、飲む点滴と呼ばれ価値が見直されている甘酒ですが、酒粕で作るものと麹で作るものがあり、麹で作ったものを別名「甘麹」と言います。

甘酒は寒い冬に飲むイメージが強いと思いますが、俳句では夏の季語になっており、江戸時代には、夏になると鰻と甘酒売りが風物詩となっていたそうです。甘酒は、暑い夏を乗り切るための飲み物だったのです。

麹で作る甘酒は、もち米と麹を発酵させて作った飲み物で、麹菌が発酵する過程で作り出した酵素の働きで、もち米に含まれるデンプンが分解されブドウ糖を作り出し甘く感じます。

他にも天然保湿因子(NMF)を増やし潤いを保つ必須アミノ酸、コラーゲンの育成を助けるパントテン酸、新陳代謝を良くしたり肌の再生を早めるビタミンB1・B2・B6、粘膜の保護に役立ち肌を良い状態に保つビオチンなどが多く含まれています。

これらの成分が、身体に栄養を与え免疫力を高めることから、江戸時代には、夏を乗り切る飲み物として甘酒が売られていたと考えられています。

酒粕を使って作る甘酒も魅力的ですが、麹で作る甘酒もなかなかのものです。美肌ドリンクとして、夏は冷たく冬は温かくしてホっと一息つきながら美肌作りに活かしてみてはどうでしょうか。