きくらげはくらげに似た形をしているきのこの仲間です。黒きくらげと白きくらげとがありますが、黒きくらげは肌に栄養を運び、白きくらげは肌に潤いをもたらしてくれる美肌食なのです。

きくらげは中国では漢方や薬膳の食材として愛されている食材で、世界三大美女といわれる楊貴妃も白きくらげを好んで食べていたそうです。白きくらげは食物繊維とカルシウムが豊富で、美肌成分の亜鉛も含まれています。そして体内での保水力はヒアルロン酸をしのぐほどとも言われており、肌にも潤いをもたらします。体内の保水力が高まることで皮膚にも栄養が十分に循環し、肌に良いとされています。

黒きくらげは白きくらげに比べると値段が1/3程度でスーパーなどでも手に入りやすい食材です。ビタミンB群や鉄分が豊富で、貧血を予防して肌に栄養を運んでくれます。また、体内でビタミンDに変わるエルゴステリンを多く含んでいます。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進してくれるため、カルシウム不足によるイライラも防いでくれます。

乾物で保存もきくので、ぜひ美肌作りに取り入れたいですね。