私の周りでは色白になるためにというか、美白のためにというか、まあ両方ですけど
日焼けの防備を完璧にしている人が結構います。
そんな人は屋内で素肌を出しているところをみると、夏でもとっても白くてきれいな肌をしています。

やっぱりそれだけの努力をしている賜物です。
色白なタレントといえば、きゃりーぱみゅぱみゅさんですね。
彼女も前にテレビで言っていましたが、

「日に焼けるところは歩かない」

そうです。
外を歩くときも日傘をさすか、服のフードを被るかしたり、日陰を探しながらそこだけを移動して歩くと言っていました。
まあ一般人は同じようなことは出来ませんけど、彼女の色白も元々の肌質もあるでしょうが、やはり努力もしているんだなと感じました。

日傘の効果はかなりあるようで、最近では「日傘男子」という男性でも日傘をさして歩く人が多くなってきました。
帽子を被っているよりもはるかに効果があるそうです。
やっぱり帽子だと直射日光は暑いけど、日傘ではかなり涼しくなるということでした。
男性の場合は、美白というよりも、暑さしのぎという部分が多いようです。

そこまでする必要あるの?って思う人がまだいるようですが、誰もが知っている通り今の世界は異常気象で温暖化になっています。
紫外線からの体へのダメージも増えています。
しかも、10年前に比べて乾燥もしているようです。
それを考えると、日焼けは肌の対策に有効で、しかも10年前よりももっとしっかりとしたケアをしないと、シミやソバカスで大変なことになってしまいそうです。

化粧品を開発している人たちは、日々研究を重ねて、そして移り行くこの環境に対応すべきものを研究していますが、やはりその変化には追いつくのは至難の業です。
まずは自分ができること、日焼け防止ということでは、日に当たらない工夫をするというのは一番原始的ではありますが、とても有効な手段のひとつといえます。