蜜蜂が集めた花の蜜を巣に貯蔵したハチミツは、美容と健康に役立つと言われています。巣に貯蔵する際に蜜蜂の唾液が混ざり、この唾液の中に含まれた酵素により花の蜜のショ糖がブドウ糖と果糖に分解されます。ハチミツには白砂糖のように身体を冷やしたり、悪玉菌のエサとなるといった弊害がないのです。

ハチミツには、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・鉄・カルシウムなどのビタミンや27種類のミネラル・必須アミノ酸を含む22種類のアミノ酸・80種類の酵素・ポリフェノールなど、様々な栄養素が含まれています。また、白砂糖100gが384Kcalなのに対し、ハチミツは294Kcalとカロリーが低いのも特徴です。

ビタミンには活性型と不活性型があり、不活性型ビタミンは体内で活性型になって初めて機能するようになります。ハチミツに含まれるビタミンは、92%が活性型ビタミンと言われていますので、少量でも効果の高い質の良いビタミンが含まれているのです。内側からの美肌作りにも是非活用したいアイテムのひとつですね。

ハチミツを肌に塗って美肌作り

ハチミツには強い殺菌作用があります。これはハチミツは水分を蒸発させた濃縮液であるためです。濃度の高いハチミツの中に細菌が入ると、浸透圧により細菌の細胞内の水分が染み出して細胞が死滅します。濃度の高いハチミツの中では細菌は生きてはいけません。

また、昔から傷口にハチミツを塗ると早く治るとも言われています。ハチミツは高い保湿効果があって皮膜となって肌を守ります。傷ついた上皮細胞を元に戻す再上皮化を促すことも分かっています。

ハチミツは食べるだけでなく、肌に直接使うことでも効果があるのです。内側からの美肌作りのために食生活に取り入れるのはもちろん、普段使っている化粧水に加えたり、リップクリームの代わりにハチミツを塗ったり、乾燥が気になるこれからの季節スキンケアにも利用できるのです。

ハチミツには天然ハチミツと加工ハチミツがあります。加工されたものは過度の濾過や熱処理が行われ、ハチミツ本来の栄養素が失われている可能性がありますし、砂糖などが添加されたものもあります。

美肌のために使うときは天然のハチミツを選んで使うように気を付けましょう。