内側からの美肌作りに役立つ食べ物グレープフルーツですが、ホワイトとルビーがあります。果肉の色が違うだけと思われがちですが他にもが違いがあるのです。
ホワイトとルビーの大きな差は、βカロテンが入っているかどうかです。

ルビーに含まれているβカロテンは、プロビタミンAといって小腸で吸収され、ビタミンAに変わる栄養素です。ビタミンAは、皮膚や粘膜を作る細胞の代謝を活発にして、肌に潤いを与え、乾燥・シワ・肌荒れから守ります。それだけでなくβカロテンには強い抗酸化作用があり、活性酸素の害からお肌を守ってくれる効果もあります。

また、ルビーにはリコピンが含まれています。リコピンは強い抗酸化作用があるだけでなく、紫外線に反応してできるシミを防ぐ働きもあります。美肌作りのために食べるならルビーがオススメなのですね。

グレープフルーツの香りには、リモネンというリラックス効果、ストレス軽減効果がある香気成分が含まれています。香りをかぐだけで効果があるとはありがたいですね。