暑い日差しも少しずつ和らいでくると秋を感じ始めます。
厳しい紫外線から解放されて、肌のケアにも緩みが出始めるのではないでしょうか。
しかし秋というのは一番要注意な季節です。

ちょっと涼しいと感じる頃にはもう「乾燥」が始まってきます。
夏に痛めつけてしまった肌に「乾燥」という肌にとって最強の敵が現れるともう大変です。

夏が終わると肌年齢が上がって見られるそうです。
どんなにきちんとケアしていても、やっぱり夏は肌を痛めつけています。
急に湿度が下がってくる気候に対して、肌の機能が追いつきません。
乾燥しているのに、潤いを吸収するチカラがありません。
潤いがなくなるということは、老けてみえるということです。
エイジングの一番の原因は「乾燥」です。
メラニンの量が夏前よりも増えてしまい、水分量は減ってしまうという悪循環。

だからといって、単純に水分を与えても意味がありません。
肌が吸水の準備が出来ていないからです。
潤う肌にするために、角層、表皮、真皮といった肌の細胞レベルで、水分を吸収しやすくする必要があります。
ヒアルロン酸やコラーゲンなどを豊富に含んだ美容液や化粧水でケアをして、質の良い
肌を作り、秋の老け顔から立ち直りましょう。
また、秋と言わず冬でも紫外線対策をするのが美肌を作る秘訣です。
色白の秘訣はやはり一年中のUVケアが大切です。
エイジングが進めば、紫外線から受けたダメージは立ち直りにくくなるもの。
日頃からケアを心がけることが、色白美人への第一歩といえそうです。

秋の美肌作り

季節が変わると自然界の環境の変化に合わせてリズムを調整すると言われています。東洋医学の「陰陽五行説」において秋は人間の5大潜在的能力のうちの1つである「収(収納・収れん)」が強化される時期なのだそうです。

夏の間、体の外に発散していたエネルギーを蓄え収納し、冬を乗り切るための準備を始めるので、本格的に太りやすい時期とも言われています。

また、体が収(収納・収れん)の働きに注力するため、代謝も悪くなります。毛穴も収れんし閉じるので、夏には1日3リットルも出ていた汗が出なくなります。汗は天然の潤いでもあるので皮膚は通常時以上に乾燥しやすい状態となります。また、夏の強い紫外線で刺激を受けた肌の回復が間に合わず、空気も乾燥しだすのでダブルでダメージを受けてしまうそうです。

普段使っている化粧水を、保湿力が高いものに変え、ローションパックをしたり、クリームで保護膜を作って肌を守る事も大切です。吸収力は高まっている時期ですのでお手入れのし甲斐があります。冬に向けてしっかり栄養補給をして、意識的に汗をかくようにしましょう。

時期別の体の特徴を上手に利用して美肌づくりに活かしたいですね。