拭き取り・スキンケア・パック・ネイルオフなど、コットンを使う場面は多々ありますが、全部同じコットンを使うことと使い分けることで違いが出てくるのでしょうか。

同じコットンブランドからもいろんな種類のコットンが発売されています。化粧水を肌に染み込ませる力が強いもの・薄く裂きやすいもの・擦れに強くヨレにくいものなど、それぞれに特徴が異なるからこそ、上手に使い分けることがストレスフリーで肌にも良い使い方と言えるようです。

保湿を重視したい場合の乾燥対策にぴったりなのが剥がせるタイプのコットンです。肌にしっかり化粧水をつけられる上に、お気に入りの化粧水をしみ込ませてのパックにも適しています。

逆に端処理がされた厚みのあるコットンは化粧水やクリームをたっぷりと染み込ませるのに適しています。なめらかで肌の上での滑りも良いので、拭き取り系に適します。贅沢に化粧水を使ってくすみを取るスペシャルケアの際は勿論、クリームクレンジングなどで肌の古い角質を取り去りたい時にも最適です。

毎日使うからこそ使い分けることでスキンケアがますます楽しいものになり、かえってコスパも良くなるかもしれません。